BRSQ EVENTブリスクイベント

かがわ物産館「栗林庵」

DSC06819

高松で人気のお土産屋さんかがわ物産館「栗林庵」に行って来ました!

「栗林庵」は、瓦町駅のお隣「琴電栗林公園」駅から徒歩8分の、栗林公園に併設されているお土産屋さんです。

 

Today, I want to report you about famous sovenier shop in Takamatsu.

” Ritsurin-An”  is the sovenier shop which is  established as an annex,  located  8 min. walking from “Kotoden-RitsurinKoen”station.

 

DSC06819

 

お店に入ると、ひときわ目につくのがこちらのパネル!5月の売上ランキングを「お菓子」「食品」「工芸品」のカテゴリーごとに書いてくれています。売れ筋が分かると、買いやすいですね!

This panel shows  monthly sales ranking in May. It is also categorized into “sweets”  “food ”  ” traditional art crafts” ! It makes easier to know sales trend in “Ritsurin-An” !

※月ごとにランキングは更新しています。

This ranking is updated every months.

 

DSC06756

 

まず第1位にランキングしているのが、和三盆小箱シリーズです。ほろっと口の中で溶ける優しい甘さが人気の和三盆。有名店のばいこう堂さんや、三谷製糖 羽根さぬき本舗さんの和三盆をはじめ、和三盆を使ったお菓子も販売されています。

Wasanbon, “traditional Japanese sugar” won the No.1 in sales ranking!  It melts quickly when you eat  and taste is  light sweet. They sell some famous shop like ” Baiko-Do” and ” Mitani-Seito HaneSanuki Honpo”.

 

DSC06765

DSC06789

DSC06812

DSC06805

 

第2位が、おいりです!こちらは、昔から結婚する時に花嫁さんに持たせるお菓子として使われている伝統菓子です。カラフルな色がかわいいですね。

“OIRI” ,  Japanese sweets for Bride. The balls are mades from “mochi” rice and have light sweet taste.

 

DSC06766

 

第5位に入っているのがこちらのうどん風グミ。見た目はうどん、お味はさわやかなレモン味だそうです。ギャップが喜ばれる商品です♪

This is Gum drops which is shaped like “Udon”. It looks like ” Udon” but has fresh lemon taste.

 

DSC06776

 

こちらは殿堂入りしている献上栗!箱入りはもちろん、1つからバラ売りされているのでちょっと食べてみたい!という方にもおススメです♪

This sweets , ” Kenjo-Kuri” is inducted into a hall of  fame of this ranking. This sweets named after the story  which   Takamatsu domain offered Kuri(maron) for Tokugawa Shogun (general) Whole maron is wrapped by sweet bun.

 

DSC06771

DSC06770

 

食品部門4位のしょうゆ豆。レシピも丁寧に書いてあるのでさぬきの郷土料理もチャレンジできます。

” Shoyu-Mame”  is traditional sugar, soy sauce and paprika-based, stewed bean dish usually eaten in celebration or as a sign of good harvest!

 

DSC06793

 

おうどんのコーナーもたくさんあるのでいろんなタイプのおうどんが選べます!

You can choose various types of “Udon” as well.

 

DSC06790

DSC06791

 

食べ物だけではなく、伝統工芸品もたくさん取扱があります!日常使いができるかわいいデザインのものも多いですね!

They have not only  food but traditional art crafts!  Desighned modern, It fits our lifestyle.

 

DSC06783

DSC06786

DSC06778

 

今回訪ねた時は、さわやかな瀬戸内レモンの商品のコーナーもありました!

その時々のさぬきの旬を取り入れたコーナーがあるのも面白いですね。

When I visited, Setouchi Lemon are featured as a trend of Sanuki!

 

DSC06775

DSC06772

 

なんと、お持ち帰り用の骨付鶏も揃っていました^^

Suprisingly , they have also the speciality of “Sanuki”,  packed  “Chiken with born”!!

 

DSC06795

免税カウンターもありますので海外のお客様にもおススメです。

Tax free service counter is also available!

 

DSC06757

 

こだわりがたっぷりつまった商品の魅力が、丁寧に伝えられているお店です。

高松でお土産を探されている方はぜひ栗林庵さんに足をお運びください!

If you don’t know what to buy for your sovenier in Takamatsu, It’s worth to visiting  ” Ritsurin-An”!

 

~店舗情報~

◆営業時間

9:00-17:00
※閉店時間は栗林公園の閉園時間に合わせ、季節によって変動します。

◆住所

香川県高松市栗林町1丁目20番16号(特別名勝栗林公園東門)

◆電話番号

087-812-3155

◆FAX

087-812-3156

◆E-mail

ritsurinan@kensanpin.org

◆HP

http://www.ritsurinan.jp/

◆6月のイベント情報

 

b0e33d309eb12fb51cb842d41315a390d8ca0639-thumb-autox841-1603

◆Open hours

9:00~17:00

※ Open hours changes according to the park open hours. Please check on Web Site below!

http://www.my-kagawa.jp/en/sightseeing/sightseeing01

◆Adress

1-20-16,Ritsurin-cho,Takamatsu-city.

◆Tel

087-812-3155

◆FAX

087-812-3156

◆HP

http://www.ritsurinan.jp/

◆Email

ritsurinan@kensanpin.org

 

 

【参加者募集中】第2回 つぼみと出逢うツアー

アイチャッチ02

第2回つぼみと出逢うツアー参加者大募集 !
(先着10名様)

2日目フリープラン要望同時受付中!

フリープラン募集 アイキャッチ最終

つぼみと出逢うって?

“つぼみと出逢う”  は、都会住まいの女性たちの新しい暮らしのヒントとなるような「つぼみ」=きっかけ、機会を提供するツアーです。「農村の暮らしを体験してみたい!」「新しい価値観、生き方を学びたい!」「今の暮らしを変えてみたい!」といった想いをサポートし、魅力ある香川の人、自然、文化を体験してもらえる仕組みを提案します。週末は香川で、「ワタシ暮らし」を見つけに行こう!!

 

旅のナビゲーター 

DSC06589

今回皆さんをナビゲートするのは、香川移住3年目の小野です。出身は兵庫県ですが、農家修行の為香川県に移住。現在は、瓦町駅の観光案内所で高松の見どころをお伝えしています。好きなことは、海外ワイルド旅、お酒、食、温泉、田舎、農業、街あるきです^^ この旅では、 香川県にある素敵なつぼみたちを皆さんにおすそわけできればと思います!たくさんの方のご応募お待ちしております♡

 

高松市ってどんなところ?

高松市ってとっても器が大きな街なんです。歴史や伝統が根付いているかと思えば、現代アートのエッセンスがちりばめられてあったり。離島があると思えば、讃岐山脈を見渡せるような山に囲まれた町もある。出かける度に、「え!ここも高松市なん!?」といつも新しい発見をさせてくれます。街に出れば、商店街もとっても面白いです。個々の商店街にカラーがあるので、洗練された雰囲気のエリアや、庶民的な地元民に愛されるお店が並ぶエリアが混じりあっています。街歩きをするだけで、人なつっこくてかわいらしい高松の人々にも癒されますよ!いつも新しい顔を見せてくれる高松、ぜひ体験しに来てください。

高松市のHPはこちらでチェックしてください!
http://www.takamatsu-kankou.net/

 

王越町ってどんなところ?

DSC_2609

高松市から車で30分。周りを瀬戸内海に囲まれた半島にあるのでバスか車でしかいけないので、普通の観光ではまず行く人は少ないと思います。でも、そこには「故郷」を感じさせてくれるような美しい自然があって、一回見つけてしまうと誰にも教えたくないような特別な場所になります。住民の方々もとてもパワフルであったかいことも大きな魅力。 今回は、瀬戸内海を見渡すことができる丘にてオリーブの収穫と、オリーブ染め体験を用意していますよ!

王越町共に生きるまちづくり推進協議会HPはこちらから↓
 http://www.pref.kagawa.lg.jp/chiiki/sanukinowa/group/ogoshi.html


 

【詳細】

日時:10月14日(土)~15日(日)
参加対象:県外にお住いの20代~40代の女性 10名(先着順)
参加費:無料  ※現地までの交通費、食事代は自己負担
集合場所:高松市ことでん「瓦町駅」 午前10時45分

解散場所:JR高松駅前  15時頃予定
定員:10 名
※宿泊施設は相部屋となります。

 

つぼみと出逢うツアーのポイント!

(1)ディープな体験ができる!!一緒にツアーを作ろう!

DSC01814

写真は、昨年男木島図書館に行ったときの様子です。参加者さんの「体験したいこと」をお聞きしながら、高松市観光案内所スタッフが2日目のプランを作成します。ツアー参加申込後に簡単なプラン作成のためのアンケート回答をお願い致します※条件や他参加者様との兼ね合いでご希望に添えない場合もございます。

 

(2)オリーブの手摘み収穫 &オリーブ染めワークショップ

DSC01626DSC01705

オリーブの収穫体験です。生産農家さんに教わりながら、一つ一つ手摘みで収穫。今回はオリーブの枝葉を使ったオリーブ染めワークショップを開催します!「香川の綿、手仕事の歴史」に詳しいNPOコットン代表理事の西原先生に、昔ながらの方法でオリーブ染めを体験できます。

 

(4)ゲストハウス「TEN to SEN」さんで宿泊

55495648

移住者4年目の女性オーナーさんが、セルフリノベーションして作った手作りの宿。
インテリアや内装がとってもおしゃれで女性に大人気です♪

TEN to SEN さんHPはこちらから↓
http://tentosen.jp/

 

第1回目つぼみと出逢うツアーの様子

~参加者さんの感想~

★「海の恵み」「山の恵み」「人の優しさ」を感じることができ、とても楽しく充実した週末を過ごせました。ツアー参加者の皆さんとも仲良くなり、今でも交流があります。香川県の人にたくさん親切にしていただいて、香川県が大好きになりました。

★自分の中になかった新しい価値観や思いを芽生えさせられるのは、実際に顔をみてお話を聞く中で生まれるものだと感じ、このツアーに参加できて本当に良かったと思います。

★地元の方のお話を聞く機会、男木島に移住されたキラキラした方々、同ツアーに参加した5名の方、「人」について知り、考える旅をさせていただきました。聞いて、見て、感じたこと。これから時間をかけて自分の中で深く咀嚼しきっと今後の生き方や暮らし方に影響してくるんだろうなと今は漠然と思っています。

今でもつぼみ同窓会という名のゆる~い飲み会を開催しツアーのご縁をつないでいます♡ ツアーを通して香川を好きになってもらい参加者さんがつながっていくことがとても嬉しいことですね。前回の様子や参加者さんのブログは、以下URLからチェックしてみてください♪

http://www.brsq.net/event/2016/10/page/2/#event

 

 

【注意事項】

天候によりツアーが中止または、スケジュールが変更になることがございます。尚、天候によりツアーが決行できない場合あらかじめ予約されていた現地までの交通費はご負担しかねますこと何卒ご理解下さいますようよろしくお願い致します。

 

【2日目フリープランについて】

2日目は、フリープランになっております。お申し込みを頂いた方に簡単なアンケートに答えて頂き、それを元に観光案内所スタッフがプランを作成いたします。ご希望のプランにならない場合もございますこと何卒ご了承くださいませ。

 

【お申し込み・お問い合わせ】

下記必要事項を記入し、申し込み締め切り<6月15日(木)19時必着>までにTEL、FAX、メール、HPで受け付けております。

◇氏名(カナ) ◇性別 ◇住所 ◇携帯番号 ◇メールアドレス ◇年齢◇
◇ツアーへの参加理由 ◇その他質問したいこと等
※複数人で申し込む場合は、同行者様の情報も添えて申し込みください

TEL:087-887-0300   FAX:087-887-0301
Mail : info1@brsq.net

 

【主催】ブリーザーズスクエア運営委員会(担当:小野)
〒760-0054   香川県高松市常磐町1-3-1 2階コンコース
【協力】王越町連合自治会/NPOコットンTEN to SEN

ゲストハウス瀬戸音十庵 Guesthouse Setone-Jyuan

20170502_052956956_iOS

【English below】

近年増えているゲストハウス!!!

泊まってみたいけど、どんな所なんだろう?という方もいるのでは?

ということで!

ナビステスタッフが高松市内のゲストハウスをご紹介します^^

第一弾は、高松市庵治町唯一のゲストハウス、瀬戸音十庵さんです。


20170502_052956956_iOS

高松市内から車で30分、世界の中心で愛を叫ぶの映画ロケ地にもなった庵治町にあります。

18318469_1392381014157539_1280049355_o

写真上:庵治石の産地ということでたくさんの石屋さんがたくさん。

DSC06285

国道36号線を左折した民家のエリアに、瀬戸音十庵は並んでます。

オーナーの池田さんに案内して頂きました!なんと、この瀬戸内の風景が気に入り、仙台から庵治町に移住し、このゲストハウスを始められたそうです。

DSC06351

まずは、立派な門構えと、広いお庭がとても印象的。

DSC06335

滞在中はつつじが綺麗に咲いていました。季節の移ろいをお庭で感じることができるのも嬉しいですね。

DSC06325

今回私が泊まったのは2階の和室。お部屋からは庵治の漁港や五剣山が見渡せます。びっくりするぐらい静かで、鳥の声や風の音がとても心地よいお部屋です。おばあちゃんちに帰って来たような、懐かしい気持ちにさせてくれます。

DSC06303

DSC06296

写真 上: 2階の和室からの眺め

お風呂やおトイレもとても綺麗なので、女性も安心して利用できます。ドライヤーも常備されていました!また、近くにある庵治観光ホテルの温泉の割引サービスもあるみたいですよ♪

DSC06304

DSC06305

DSC06310

共有スペースは大きな机があり、ゲスト同士が交流する場も充実しています。パンフレットや周辺MAPなどの情報もここでGETできますよ!

DSC06292

裏庭にある井戸も見せてもらいました。昨今井戸を見ることが少なくなっているので、スタッフ全員大興奮。笑

井戸のふたも、近所の山から取ってきて自分で作られたそうです!手作りの生活が素敵ですね~。

DSC06341

DSC06360

レンタサイクルも無料で借りれます。

18261439_1392380674157573_154193603_o

次の日の朝ごはん。事前に言えば500円で用意してくださいます。ホッとする和食、とってもおいしかったです。ロードバイクが趣味のオーナーさんに高松藩主の別荘があったとされる、裏山御殿山をお勧めしてもらいました。1周20分ぐらいのちょうどいい散歩コースです。私は途中までしか行けなかったのですが、素敵な展望スポットが上にあるそうです。サイクリングや、ハイキングを気軽に体験できるのが魅力ですね~!

18289706_1392380437490930_1052220708_o

18338992_1392380610824246_1906928500_o

交通の便はあまり良くないからこそ味わえる良さがあります。海のある風景が好きな人、ゆっくりしたい人、庵治町をじっくり回りたい人にはとってもおススメ。まるで、そこに暮らしているかのような、旅ができます。ぜひ、庵治に一泊してみてはいかがでしょうか?


Guesthouse Setone-Jyuan Information

This guesthouse is located at  the northern tip of Shikoku Island and is surrounded by the Seto Inland Sea on three sides. It is away from the city, which makes it even nicer.  The rooms are  Japanese traditional-style, also you will find beautiful Japanese  garden at the property.  Ikeda-san who is the  owner of this guesthouse  is willing to provide any assistance to make your stay pleasant.

【Room】Max. 3 people,  3000 yen/per

【Access】 〈by car〉 30min. from the center of Takamatsu city

〈by train〉 take the train at Kotoden-Kawaramachi station, get off at Kotoden-Yakuri station(19min./320yen),  take the bus for ” Aji-Onsen” at Kotoden-Yakuri station(15min. /380yen)

【Services】Shared lounge, TV, bathtub, shower, rent a cycle, free WIFI, breakfast (500yen), hotspring discount service( Ajikankohotel),hairdryer

【Restrants and marks】Aji kanko Hotel Uminoyadori (3min.walking), Beach(6min. walking), restaurant (0.6km),supermarket(0.6km)

【Activity】cycling, hiking, fishing

【URL】http://hiroi314.wixsite.com/mysite/blank-3

「さぬきんトリオ散歩」レポート

C93LIoRUIAArtZv

5/4(木)栗林庵と栗林公園で行われた

さぬきんトリオ散歩に参加して来ました!

 

久しぶりにグッズ販売もしていましたww

20170504_013533193_iOS

天気も良くて、ご機嫌なときたま氏。

DSC06504

お茶を真剣に選び購入しようと思ったのですが

お小遣いが足りず・・・断念( ;∀;)

DSC06500

さぬきんトリオでもバッチリ撮りました!

DSC06508

今回はお散歩の間に、じゃんけん大会もありました。

こんな感じの色紙をプレゼントしました(^◇^)

DSC06511

じゃんけん大会も好評で、どちらも1人だけ勝ち残り

喧嘩することなく無事に終了しました←

DSC06512

みとよんは、ファンの方の購入された

バッグにサイン書いていました!

器用だな…

DSC06507

天気も良くてたくさん良い写真が撮れました★

DSC06516

木の陰からこんにちわ。

DSC06518

この後、バンバンジーがかわいそうになっていましたがw

DSC06521

DSC06525

この、みとよんが従えてる感じの写真スタッフOは大好物ですwww

20170504_042610678_iOS

結婚式の前撮りで来られている

ご夫婦もたくさんいらっしゃいました。

記念に1枚撮らさせて頂きました!!

DSC06522

さて、いよいよ栗林公園の中に潜入していきます!

DSC06533

池の中にはなにがいる??

DSC06540

心の澄んだあなたには見えるだろうか?

饂飩が…wwww

DSC06542

疲れ果てて休憩のみとよん。

DSC06549

みとよーんっと寄り添っていく卵。

みとよん嫌がってるやん

DSC06553

でも、みとよんは優しいので受け止めてくれます!w

卵:おれの横空いてますよ(キリッ

DSC06555

って、うどん脳くん横ではなく

真ん中にキタァァァァァwww

DSC06557

みんなで記念撮影をし園内を出ます

DSC06562

出たところでは、みとよんが靴の汚れを

はたいてくれるサービスがwwww

DSC06567

ときたまもさっそく、みとよんにお願いする←

DSC06573

皆できれいになったところで最後の写真撮影!

DSC06576

後ろ姿も!!

卵から赤いのが見える方は

疲れていますので、早めの休息をお勧めします。

DSC06578

栗林公園では、傘や

DSC06528

ベビーカーなど、いろんな貸出がありますよ

の図。

DSC06530

最後に・・・

 

 

 

良い子は栗林公園内でう〇こはしてはいけませんよ!

DSC06550

 

 

おわり。

「 第三回 岡田久次郎まつり」レポート

第三回久次郎まつり2017チラシA4表

4月30日(日)に岡田久次郎まつりに参加してきました。

第1回目から呼んで頂いております。

20170430_010020601_iOS

開会式から始まり

見守るときたま氏。

20170430_013405352_iOS

 

太鼓の演奏や

20170430_032549694_iOS

綾歌中学校の吹奏楽や

20170430_051250926_iOS

岡田おどりを見せて頂きました!

DSC03249

色んな食べ物等も売ってましたよ!

DSC03250

和カフェ 織部さんは、久次郎さんのクッキーを販売されていました!

私も頂きましたがおいしかったです(^^♪

食べるのがもったいないくらいの

可愛いクッキーもたくさん売っていました!

DSC03247

エクササイズときたま氏www

20170430_014453116_iOS

白バイの前で!(目がかぶってるよww)

DSC03255

パトカーの前で!!

20170430_024930158_iOS

もちろん、ステージもありましたよ!

うどん脳くん

みとよん

クリックマン

久次郎さん

DSC03267

そのあとは・・・

20170430_052610484_iOS

お楽しみのビンゴ大会!

ときたまも足元にスタンバイしてましたww

DSC03285

みとよんも、ファンの方と一緒にビンゴです!

20170430_053832833_iOS

なんと、最後の最後にキャベツが当たりました!ww

20170430_054607129_iOS

最後にうどん脳くんと記念撮影!!

DSC03291

おしりサービスショットでおしまい。

さぬきマンガ塾 6/11(日)8/26(土)開催!!

A4(210x297)-Tate_omote [更新済み]

★香川在住で漫画家になれる時代到来★

さぬきマンガ塾「マンガ家藤川努ワークショップ」

プロの現場で使用する道具を使ってマンガ家のアシスタント体験をしてみよう!

ベタ・ホワイト・トーン貼りなど

使用した原稿は先生のサイン入りで持って帰れます!

小さいお子さんからでも参加できます!!

 

<日時>2017年6月11日(日)12:00~17:00

2017年8月26日(土)12:00~17:00

<場所>瓦町FLAG2F「コンコース」 ことでん瓦町駅改札前

<参加費>無料

<時間制>※各時間 先着6名まで

①12:00~ ②13:00~ ③14:00~ ④15:00~

<事前受付> メール・電話でお申し込み下さい

■メールの場合

※携帯からのお申込みの場合は「@brsq.net」ドメインからメールを受け取ることができるように設定してください。

アドレス:info1@brsq.net

件名:さぬきマンガ塾

内容:①名前(カナ) ②携帯番号 ③メールアドレス ④年齢(小学生以下は親同伴) ⑤希望日時(第一希望・第二希望)

■電話の場合

電話番号:087-887-0300(10時~19時 水休)

※「さぬきマンガ塾の申し込みです」とお伝えください

<当日受付> 11:00~会場で受け付け開始

<お問合せ>ブリーザーズスクエア

TEL:087-887-0300(10:00-19:00水休)

MAIL:info1@brsq.net

〒760-0054 高松市常磐町1-3-1 2Fコンコース

————–藤川努(ふじかわつとむ)先生—————

香川県出身・在住の漫画家

香川が舞台のサッカー漫画「シューカツ~蹴活~」連載中

<代表作>

「シューカツ~蹴活~」(GANMA!)

「泳げ!ひなのちゃん」(週刊少年チャンピオン)

「奇跡のリンゴ」(バーズコミックスペシャル)

「やきゅん」(バーズコミック)

「あっほなツトムくん」(タウン情報かがわ)

<ブログ>http://ameblo.jp/fujikawatsutomu/

<Twitter>@fujikawatsutomu

———————————————————–

 

A4(210x297)-Tate_omote [更新済み]

1 / 6123...最後 »
TOP